スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ソンズとSEについてまとめようと思いました。

ただそれだけ、です。





d_w_bowmaster_01.gif
シャープアイズ
スキルレベル30時:持続時間300秒。クリティカル確率15%、ダメージ40%増加。
ダメージ40%とありますが、実際の効果は140%増加です。


2010022021400994c.png
ソンズエフェクト
スキルレベル30時:持続時間120秒。クリティカル確率35%、ダメージ250%増加。
ただしグループ員はその効果が半減される。
グループ員にかかる効果(スキルレベル30時):持続時間120秒。クリティカル確率35%、ダメージ125%増加。
持続時間と確率だけは半減されず、増加ダメージだけが半減されます。






さあ、この2つのグループ火力増幅スキル。

どちらも優秀ですね~

SEに関しては、どのような効果になるかは知ってる人が多いと思います。



さて、この2つのスキルはどういうしくみで火力が上がるのか。

丹精こめて著作した私のキャラクターを使って軽く説明したいと思います。








登場人物(グループメンバー)紹介

2刀流でズバズバ切るぜ!
燃える闘魂、デュアルブレイドのA君。


この双剣さばきを見なさい!
華麗に舞う一輪の花、デュアルブレイドのBちゃん。


目覚めた英雄の力、とくと思い知るがいい・・・
青き閃光、アランのC君。


うなるぜ俺の拳!
打撃ング、バイパーのD君。


暴風を招く連射の嵐。
必中女王、ボウマスターのEちゃん。


あのう、氷の専門だったのにアランに座をとられた気がする・・・
雷でがんばれ、アークメイジ(雷・氷)のF君。
















さあ、まずはSEだ!!









ボウマスターのEちゃんがSEをかけました!

するとこうなった





sew.png






はい、こうなります。

クリティカル確率は全員+15%です。



元から40%のクリティカル確率がある職(Eちゃん)は確率55%になります。

アランのC君はコンボカウントが100以降になると、クリティカル確率が60%になります。

SEの確率がかかれば、確率は75%に。



そして、使う攻撃スキルは全て+140%という具合になります。(F君を除く)

例えば暴風の矢(MAX100%)。

元のクリティカルダメージ+100%と、SEによるダメージ+140%によって+240%になります。

よってクリティカル発生時の暴風ダメージは340%になりますね。



クリティカルのない職には元のクリティカルダメージ+100%がありませんね。

なのでクリティカル発生時にはSEによる+140%だけになります。



さて、F君(魔法使い全般)はどうなるか。

クリティカル確率が元々ないので、確率は15%ですね。

そしてダメージですが+140%ではなく、ダメージが1.4倍になります。

魔と物理職とでは、SEのかかり方が違うので間違えないようにしましょう。







さて、復習はこのぐらいにして本題のソンズ。













デュアルブレイドのA君がソンズをかけた!!

するとこうなった








sonaz.png










お・・・?



職によってかかり方が様々だぞ・・・?

ではどうなっているのか検証していきましょう。



まずかけた張本人のA君。

いわずもがなでしょうけど、効果がそのまま(確率35%、ダメージ+250%)適用されます。

それだけです。



次に、半減と出ているBちゃんを除くC君・D君について。

スキル説明の所にもかきましたが、グループ員にかかる効果はクリティカルダメージのみ半減します。



まずアランのC君。

コンボ100以降でクリ確率60%、クリ発生時ダメージ+100%ですね。

確率はそのまま上がるので、95%。

もはや通常ダメージを見ることが出来たら運がいいというレベルです。

そしてクリ発生時のダメージは半減されるので、250%/2で出た+125%が加算されます。

なのでクリ発生時ダメージは+225%となります。



そして拳のD君。

ソンズがかけられた時は確率35%、ダメージ+125%と普通です。

しかしスタンマスタリーによって気絶時のクリ確率とクリ発生時ダメージが適用される場合があります。

スタンマスタリーによる気絶している敵へのクリ確率は60%、クリ発生時ダメージは+160%。

これにソンズがかかると、確率が95%になり、ダメージは+285%となります。

気絶時はアランよりすごいのか・・・



そしてデュアルブレイドのBちゃん。

自前でソンズをかければ効果は半減しないのに、他の人からもらったせいで半減しています。

ここで結論。

デュアルはPT内に1人以上いれない


これを行わないと・・・






Bちゃん:ちょっと!なにかけてんのよ! 効果さがるじゃないのよ!
(Bちゃんが自前ソンズをかけた)
A君:おい、ふざけんな。こっちだって効果さがるんだよ!
(A君が自前ソンズをかけた)
Bちゃん:しつこいわね!邪魔よ!
(Bちゃんが自前ソンズをかけた)

    (以下、永久ループ)




こんなことになりかねない。

簡単に言ってしまうと、デュアルブレイド同士というのは磁石でいうN極同士。

同じグループにいると反発しあう仲なのです。

なので同じグループに1人以上のデュアルを入れるのはナンセンスかも…




そして、無意味と書いてあるボウマスターのEちゃん。

書いたとおり、ソンズエフェクトによる効果が全く得られません。

なので、Eちゃんにはソンズは掛けられようと掛けられなかろうと同じもの。

SEのみで我慢するしかありません。

ちなみに、弩でも投げでもソンズの効果は得られないそうです…




そして最後は謎な結果を生んだF君。

確率35%、持続時間120秒と、この部分は全員一緒です。

しかしクリティカル発生時のダメージを見てください。



2.5倍


ん??

効果が半減するなら125%になるわけだから、1.25倍の間違いじゃないのか…?

と、思いますよね。

しかし、F君(魔法使い全般)はなぜか効果が半減されず、倍率として2.5倍のまま適用されているんです。

クリティカル発生時は通常ダメージより2.5倍もダメージ高いってwwww

これは魔にとって大惨事だwwww

SEなんかより全然強い結果となります。



ちなみに補足でエヴァンはどうなるか。

スキルによりクリティカル確率30%と、ダメージ150%を元から持っています。

これによりソンズによる効果は多少制限されるみたいです。

ソンズをかけると、確率が35%になり、ダメージが250%になる模様。

なんと、ソンズをかけると魔法使いと同じ効果に!!

これじゃ英雄なのに速度が遅いせいでエヴァンは魔法使いより立場が悪くなってしまいますね…



どうやらソンズというものは、ソンズ自体の効果より高いものには適用されないらしいのです。

だからSEをかけた弓、弩、投げは無意味となるわけです。

この3つの職は元からクリティカル確率が35%以上あり、ダメージは+100%となっています。

SEを掛けなかった場合、ソンズによる効果で確率は変動しませんが、ダメージが+125%まで上がる模様です。

SEをかけてしまえばダメージは+240%になるので、ソンズによるダメージ+125%を大いに上回っています。

なので無意味なんですねー(

クリティカルが元からある職(アランとバイパーを除く)はソンズによる効果は皆無と思っていいでしょう。

アランとバイパーだけは、なぜか効果が上乗せされているんですね…

ここも謎なところですね。



もうひとつ補足しましょうか。

SEとソンズを両掛けするとどうなるのか?

これ気になりますよね。

ちなみに弓・弩・投げの方には全く関係ないことだと思われます(

なんとですね…



確率がソンズ、ダメージがSEになるんです(笑)


よってクリ確率は35%増加し、ダメージは+140%となる結果になります。

SEよりも確率は高いし、ソンズよりもダメージが高い。

いい部分だけを揃えた効果になりましたね。

クリティカルをもっていない職にとっては都合よすぎる結果です。

クリティカルはありますが、アランとバイパーには適用されるので、この2職にも都合のよすぎる結果。

しかし、SEの効果によって台無しになるのが魔法使いとエヴァン。

魔法使いかエヴァンの方は、ソンズとSEが両方掛けられた場合はSEを右クリックで消しておくといいでしょう。





一通りまとめられた…

つかれた~
>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
未分類 | コメント(5) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。